パッタイの飽くなきけ探求!


タイを代表する麺といえばライスヌードルの炒め麺パッタイです。日本語でいうと「タイの炒め物」。
大げさかもしれませんが、これを知らずしてタイ料理を語れません!

酸味と甘み、そしてお好みで辛味をつけた炒め麺はタイ版焼きそばと言えばしっくりくるでしょうか?タイ人のソウルフードパッタイの魅力を本日はお伝えします。

あくまでもヌムの私見ですが、パッタイのこだわりを一番感じるのは酸味の付け方です。

タマリンドというマメ科の植物のペースト状の実を水で溶かしてとったタマリンドウォーターを使って酸味をつけるのが本場流。しかしこれがめんどくさく、残念な事にケチャップで代用してしまう店もチラホラ。

タマリンドの優しい酸味がパッタイを美味しく仕上げるコツです。

美味しい店かどうかはここで判断します!

あとはココナッツシュガーとナンプラーで味をまとめます。

具材には厚揚げ、小エビ、お好みでピーナッツ。
食感のアクセントにチャイポウワーンというたくあんに似たものを入れます。

野菜はもやし、ニラが定番!
生のニラをつけるのが本場流です(日本では生のニラは食べる習慣がないので、私は省いてます)。

最後は玉子で炒め合わせるのが一般的ですが、私は玉子でとじたオムそばタイプ。

シンプルですが、お店の個性が出るパッタイです。

こだわりのある本物のパッタイを知って頂けたら幸いです

#自由が丘 #自由が丘ランチ #自由が丘カフェ #自由が丘ディナー #自由が丘レストラン #タイ料理 #パッタイ #ライスヌードル #クルアナムプリック #タマリンド


人気のWebコンテンツはこちらです
店舗・クーポンはこちらから
「Webをみた」とお問い合せください
お問い合わせ
お問い合わせ